30代がん闘病記

2014発病・入院 → 2016転移・再入院・離婚 → 2018再出発→2022再々発

2022/1/27 今後の方針

僕のブログのタイトルは、その出来事があった日の「月日」だけをいれるのがお決まりになっていて「年」は入れていなかった。というのも理由があって、ブログの書き始めのときは、1年で全てが決すると思っていて、完全快癒か死ぬかで、このブログを終わらせるつもりだったのだ。まさか、6年にも渡ってブログを書くことになろうとは。

 

そして、まだこのブログは続きそうである。

PET-CTの結果は、やはり再発と転移の疑いありとのことだった。しかし、陽子線も放射線も放射線量の上限に達しており、これ以上当てることのできない僕には、特定の効果的な治療ができない。

よって今後は、免疫力を向上させ、がんの根絶を目指すという治療方針となった。免疫療法というヤツだ。本庶教授がノーベル賞を取ったオプジーボを3週間に1回、定期的に打つことになる。今までの積極的な治療とは違い、どちらかと言えば消極的な治療になるのかもしれない。(因みに1回当たり15万円と非常に高価な薬だ)

 

今日からできることとして、完全禁酒をすることにした。今まで何かの理由をつけて結構飲んでしまっていたのだけど、何があっても飲まないことにした。僕は過剰な禁欲をしてまで、長生きはしたくない、というスタンスだったが、今回ばかりは話が別だ。生き死にが掛かっている以上、少しでも免疫を向上させるように努めるべきだろう。

この先はどうなるかは全く分からない。

まさに神のみぞ知る。