30代がん闘病記

2014発病・入院 → 2016転移・再入院・離婚 → 2018再出発→2022再々発

2022/11/15 キイトルーダ13回目と種の保存五たび

また更新が遅くなってしまった。

キイトルーダの投薬13回目であった。相変わらず病状に進展はない。 

投薬を始めてから、記憶力と集中力が落ちた気がする。多分気のせいなのだろうけど、そう思ってしまっていることが問題なのだ。こういう思い込みが深層心理に働いて、本当に集中力と記憶力が落ちて行くのだ。唯一の僕の財産である頭が失われていく。もう今度こそ駄目なんだろうと思う。今回ばかりは乗り越えられる気がしない。

 

そういえば、2年ごとの定期イベント、精子の保存の延長申請のために東京に行ってきた。もう5回目である。5回目ということは、発病からもう8年も経つのだ。今回はキイトルーダを投薬していることを理由に、遠隔での診断で延長をお願いしたが、対面で診察を受けて欲しいとの一点張りであった。

今時、TeamsとかZoomもあるのだから、融通を利かせてくれればいいのにと、病体に鞭打って上京したが、なんと診察は2分で終わりであった。ハッキリ言って怒りを覚えた。嘘でもいいからもう少し話をするのが礼儀というものであろう。こんな2分間のために上京したかと思うと、馬鹿らしくて腹立たしい気持ちになった。

 

精子の冷凍保存の2年間の延長はしたが、もうこれが最後の延長だろう。2年後に生きているとは到底思えない。生きていても社会的には完全に死んでいるだろうから、どの道必要はないだろう。もう頑張る必要はない、後は墜ちていくだけだと思うと、正直なところ気が楽ではある。